犬は走り猫は座り君は微笑む

みんなで「ゲーマー」に関して考えてみたいんだ。それほど難しい事って無いと思うんだよ、「うどん」の特色って。
フレーム上

涼しい平日の昼はカクテルを

少年はとても腹ペコだった。
もうすぐ夏休みという頃、学校から元気よく帰っていた。
蝉はもうやかましく鳴いていて、日差しは強く、夕方とはいえまだ太陽は高かった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に帰ることも多いが、今日はものすごくお腹が空いていたので、早く帰って何かを食べたかった。
少年が狙っているのは、昨夜のカレーの残り。
昨日のカレーは、たしか鍋に多少は残っていたはずだ。
ご飯だっておそらく、残ったのが冷蔵庫にあったはず。
少年は期待しながら早足で家へと向かった。
すると体中に、汗がますます流れ出した。

無我夢中で走る姉妹と僕
3年前、体調が良くない上に、栄養バランスの悪い食事と、睡眠の具合が変だったので、口内炎が増えた。
マズいと思い、生活リズムを送り、体にいい事をし続けようとリサーチした。
大いにファンが多かったのが、アセロラジュースだ。
現在でも毎朝飲んでいる。
レモン以上にビタミンCがごっそり摂れるらしい。
体調とビューティーはやはりフルーツから出来上がるのかもしれない。

夢中で話すあの人と紅葉の山

此の程、お腹周りの脂肪を増やさない様にと考え腹筋を頑張っている。
自分の娘を自らの足元にのせて数を数えながら筋トレをしたら、わが子との遊びにもなるし、しゃべりだしの子供も数字を刻まれるし、俺のみにくいぜい肉もそぎ落とされるし、一粒で二度おいしいことだと考えていたけれど、始めは、笑っていた小さな娘も飽きてしまった。

雪の降る祝日の晩に散歩を
版画や写真など芸術が嫌いではないし、絵も苦手ではないのに、撮影がとても下手だ。
それでも、前、機嫌よく、ソニーの一眼を重宝していた時期もあり、出かける時には必ず持ち歩いたりした。
あまりにも焦点が合わないし、センスのない配置なので、カメラがガッカリしているようだった。
けれど、撮影や画像処理はやっぱり凄く面白いと思っている!

無我夢中で話すあいつとわたし

社員で働いていた時の大好きな先輩は、社長の娘で、まさにお嬢様だった。
小柄で活発でテンションが高い、動物好きの先輩。
動物愛護団など立ち上げて、そこそこ活躍をしている様子。
革を使用しない、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
一回、部屋に遊びに行ったことがあった。
都心にある上等なマンションで、レインボーブリッジが見えた。
その先輩、毛並みが清潔なシャムと同棲していた。

一生懸命熱弁する家族とアスファルトの匂い
夏休みも2週間くらい過ぎた頃の日暮れ前。
「カンけり」で鬼になった少年は、ものすごくお腹がペコペコだった。
捕まえても捕まえても、缶をけられて捕まえた友達が逃げるので、もう今日の缶けりは終わらないんじゃないかとうなだれていた。
へとへとに遊び疲れて家まで戻ると、扉を開ける前に、今日の晩御飯が判明した。
とびっきり美味しそうなカレーの香りに、少年は「よっしゃ!」と叫んだ。

喜んで大声を出すあなたとあられ雲

個人のほとんどが水だという発表もあるので、水の摂取は人類の重要点です。
水の補給を欠かすことなく、お互いに健康的で楽しい季節を過ごしたいですね。
輝く光の中より蝉の声が耳に届くこの時期、いつもそんなに外出しないという方でも外に出たいと思うかもしれません。
すると、女性だったら日焼け対策について敏感な方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌のスキンケアは夏が過ぎた時に出てくるという位なので、やはり気にしてしまう部分かもしれません。
やはり、すべての方が気になっているのが水分補給につてです。
もちろん、いつも水の飲みすぎは、良いとは言えないものの夏の時期ばかりは例外の可能性もあります。
その理由は、多く汗を出して、気付かない間に水分が出ていくからです。
外出した時の本人の調子も影響するでしょう。
ともすると、自分が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑いときの水分補給は、次の瞬間の身体に出るといっても過言ではないかもしれないです。
ちょっとだけ外へ出る時も、ちっちゃいもので充分なので、水筒があるととても便利です。
個人のほとんどが水だという発表もあるので、水の摂取は人類の重要点です。
水の補給を欠かすことなく、お互いに健康的で楽しい季節を過ごしたいですね。

涼しい仏滅の昼は椅子に座る
友達のちかこは頭がキレる。
頭が良いんだなーと感じる。
何があっても他者を傷つけたりはしない。
違うんじゃない?と思っても、まずは相手の考えも尊重する。
そうしていると、考えが広がるし、強くなるのだ。
考えを貫く事より、こうしている方が知佳子にとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、経験を自分のものにするやり方をよく理解している。

湿気の多い火曜の日没にひっそりと

仕事の関係で、日光へ行くことが非常にたくさんあった。
北関東にある日光は栃木県にあり、海に面していない県で、背の高い連山に囲まれている。
そのことから、寒くなると雪が降り、除雪車やチェーンは必須である。
秋に差し掛かると、東北道で、2泊3日で行って、無事に帰り、また2泊3日という状態がとにかく多く、サイトなどの情報で日光が登場すると思い出に浸ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は行ってみてほしい県だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、ツーリストたちのメインは東照宮。
歴史上欠かせない人物家康の眠る場所で、中の様子に驚かされる。
さらに、高い山の上方に位置する温泉街。
硫黄泉で、乳白色で熱い湯。
この温泉を浴びると冷えにも良いと思う。
東照宮が建てられた時は、日光湯元温泉を目標にたくさんの湯治客が集まったようだ。
様子は想像できる歴史のあるここ栃木県の日光市。
東照宮の紹介も兼ねて、ツアーブックに多く載っている栃木の日光に、また行ってみたいと考える。

熱中して泳ぐ姉ちゃんと花粉症
近頃は、漁港に釣りにおもむいていない。
業務でとても忙しくて疲れていて出かけられないというのもあるが、しかし、とても蒸し暑いので、出かけづらいのもある。
それに、仕事終わりに近くの釣り場を見ても釣れている様子が見えないから、楽しみにして行きたいとは思えない。
めっちゃかなり見えていたら我慢できずに行きたくなる。


フレーム下 class=

カテゴリ


Copyright (C) 2015 犬は走り猫は座り君は微笑む All Rights Reserved.

ページの先頭へ