犬は走り猫は座り君は微笑む

「おかゆ」が好きという人もいれば、嫌いという人もいるはず。興味のない人も。アナタにとって、「発明家」はどうなんだろう?
フレーム上

気持ち良さそうにお喋りする君と草原

ある雨の日の午後、少年は母親からおつかいをたのまれて、はくさいとネギとぶた肉を買いに行くところだった。
少年はこっそり笑った。
今日はおなべだ!いやっほぅ!…と。
しかし、予想だにしない事が次の瞬間に起きた。
なんと、ポッケに入れていたお使いのための2千円が、無くなっているのだ!
少年はスーパーマーケットのレジの行列に並ぶ前に、大丈夫だよね、とズボンのポケットに手を突っ込んで確かめてみたのだ。
そしてその瞬間、お金が無い事に気がついたのである。
怒る母親を想像しながら、少年は何も持たずに家へ向かうことにした。
今度からは、お金はクツかくつ下にしまおう。
少年はこぶしを握り締め、固く決意した。

ぽかぽかした火曜の日没はお酒を
私は昔から、素肌が全然強くないので、気を付けないとかぶれてしまう。
それに、ボディーシャワーの肌にこびりつく感覚があまり好きじゃない。
だけど、真冬はもちろん乾燥するので、なるべく余計な薬品が入っていないローションを使用している。
その製品のガッカリな点は、価格が非常に高いので、なかなか買えないところだ。

控え目に走る君と夕立

富士には月見草がよく似合うと、名文を表したのは文豪の太宰治だ。
太宰治は、バスに乗り、御坂峠を越えて、今の甲府市まで向かうところだった。
その時偶然乗り合わせたおばあさんが、「月見草」と独り言を言う。
そこで、反応した彼の目に見えたのが月見草、と、富士山だ。
富岳百景のこの部分は、日本一の名山を理解するときに欠かさない。
その他の芸術に登場する、3776mの名山だ。
どの方面から見ても同じく、整った形をしているために、八面玲瓏という言葉が似合っていると言われる。
全くだと思う。
私が感動したのは、寒い中で見る名山、富士山だ。

天気の良い平日の午後に食事を
久しく行ってなかったお仕事の際、初めて業務でお世話になったAさんは、背の高い男性だ。
入社時に挨拶した際からクールで、プラーベートな会話はちょっとだけしか聞いたことがなかった。
前回、なんとなくAさんの半袖になったがっしりとした腕を拝見してびっくりした!
大きなパワーストーンブレスレット何連もつけられていたため。
咄嗟に、パワーストーン詳しいんですね!と言ってしまったほど。
するとAさんは得意げで、しかも子供っぽい表情で、ひとつひとつの天然石の由来語ってくれた。

陽気に吠える兄さんと飛行機雲

嫌われ松子の一生というタイトルの連ドラが放送されていましたが、好きだった方も多かったと思います。
実際に、テレビ番組は見なかったのですが、中谷美紀主役でシネマが公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さからでもありますが恵まれてるとは言えない環境にて生きながらも、自分は不幸だと思いません。
周りから見ると、かわいそうかもしれないけれど夢を捨てません。
幸せをつかむことに関して、貪欲なんです。
すごく、好感を感じました。
自分も幸せになりたいのに、そうなると罪悪感がある。
なんていう、よくわからない状態だった当時の私は、映画の間、悩みなんか忘れていました。
それくらい、明るい映画なので、お勧めしたいです。
そして、中谷美紀は、音楽教師でも、ソープ嬢を演じても、理容師でも、何をしても綺麗でした。

雲が多い大安の明け方にシャワーを
出張に出かけると、1週間近く帰ってこれない場合もある。
非常に、意欲はありだけれど、すごく緊張しているので、毎日3時間睡眠。
起きる時間のかなり前に、眠いのに目が覚める。
だけど、終わった時のやりきった感は最高だ。
思いっきり遊びまくるし、快眠だし、贅沢する。

気持ち良さそうに大声を出すあの子と僕

3年前から、九州の南に住んで台風の直撃を大変気にすることになった。
風の被害が全く違うからだ。
佐賀に住んでいたことも茨城に住んでいたこともあるのだけれど、台風の風の被害が全く違う。
サッカーのゴールが転がり走ると聞いたときは、大げさだと思ったが、現実だった。
大型台風が直撃した後は、ヤシや大きな木は道に倒れ、海辺の道はゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海辺の家では、車両のガラスが破損したり、民家のガラスが破損し、風が入って天井が飛んだりと本当かと思っていたようなことを目撃した。
真上を通らずにかすっただけでも風はすごく強く、古い民家に住んでいると家の揺れる音がすごく心配してしまう。

のめり込んでお喋りする彼女と月夜
店内のお客さんは、ほとんどが日本人という様子だったのでその不思議な光景にもびっくりした。
そして列は、ほとんどが日本人という感じだったのでその雰囲気にもびっくりした。
実は、韓国のコスメは肌が若返る成分が豊富に含まれているらしい。
もちろん、化粧品にも興味はあったけれど、店番の人の日本語能力にも凄いと思った。
日常生活程度なのかもしれないが、日本語が上手い。
私は、簡単な英語を使う気満々で向かった韓国旅行だけど、出る幕がないようだった。
ネイティブと話すことによって、努力あれば外国語を話せるようになるという事を知ることができた旅行だった。

風の強い週末の夜明けは足を伸ばして

何年か前の夏の真っただ中、ガンガン冷やした部屋の中で氷たくさんの飲み物をしょっちゅう摂取していた。
私はまれに熱中症にかかっていたので、体を冷やすことが必要だと思いついたから。
冷房の効いた室内で、キャミさらにレモネードにアイスで涼しさを求めた。
だから、健康だと思っていた暑さ対策。
秋が過ぎ、寒くなって、前年度よりもさらに震えを感じることが多かった。
外で過ごす業務がしょっちゅうだったこともあるが、寒すぎて買い物にすら出れないという状況。
なので、きっと、猛暑の中の生活習慣はその年の冬の冷え性対策にもつながると思っている。
じゅうぶんにn栄養を取り、偏りのない過ごし方をするのが一番だと思う。

夢中で叫ぶ子供と冷たい肉まん
山梨県は、フルーツ王国と言われるくらい、果物の生産が盛んだ。
日本でなかなか無い海のない県で八ヶ岳などの山に囲まれている。
それにより、漁業もできなければ、稲作もまったく盛んではない。
そこで、山梨を治めていた柳沢吉保が、果物栽培を提案したのだ。
他県よりも名産が欲しかったんだと思う。
盆地の水はけの良さと、山国ならではの昼夜の温度の差は立派な果物を生産する。


フレーム下 class=

カテゴリ


Copyright (C) 2015 犬は走り猫は座り君は微笑む All Rights Reserved.

ページの先頭へ