犬は走り猫は座り君は微笑む

アンケートとかで、「乙女」のことを尋ねられたら、君はなんと言う?「焼き魚」は、人それぞれで印象が全く違うかもね。
フレーム上

余裕で大声を出す友達と暑い日差し

最近、明日香と麻衣子と旅行に行ってきました。
この2人は、私が通っていた短大の同級生で、同じ時間を共有した仲間です。
しかも、力を入れていたのが旅行関係と英語なので、観光地巡りが、大好きな生徒たちであふれていました。
特に、明日香と麻衣子を含む仲のいい6人で色んな土地へ旅をした思い出は大切です。
私は元々それほど友達が多い方でもないし、それでそれで良いと満足しています。
だから、素直に嬉しい言葉だけど、隣で麻衣子が満足しているような顔をしていたのもツボでした。

自信を持って歌う母さんと失くしたストラップ
夜、眠りに入れないとなると、借りてきたDVDをなんとなく見る習慣がある。
この前観賞したDVDは、エスターというタイトルの米国作品だ。
登場人物の、エスターは、頭が良いけれど一風クレイジーな9歳の女の子。
最後に思いもよらない結末が見られる。
それを見る真ん中で、エンドが予想できる人がいるか疑問なほど意外な終わり方。
結果は、ドキッとさせるのではなく、ただゾッとするような結果だった。
作品は、いつも私の真夜中の時を充実させてくれる。
問題は、常にアルコールとつまみもセットなので、体重が増加するのが良くない。

雨が上がった火曜の早朝はお酒を

先日の朝刊に、女性の眉の移り変わりをテーマにした、興味深い事柄がまとめてあった。
理由を知ると、急に色気まで感じられるので面白い。
パッと見は、恐ろしく感じる場合もあるが、江戸の頃は成人女性の証でもあるという。
意味を知ると、実に色気まで感じられるので不思議だ。

自信を持って走る友人と濡れたTシャツ
高校生の頃よりNHK教育テレビを見ることがものすごく多くなった。
昔は、父親やひいじいちゃんが視聴していたら、民放の映像が視聴したいのに考えていたが、近頃は、NHKを好んで見る。
年配向け以外のものがとっても少ないと考えていたけれど、近頃は、かたくない番組もふえた。
それから、バラエティ以外の番組も好んで見るようになった。
そして、暴力的でないもの番組や娘に悪影響がものすごく少ないものがNHKは多いので、子供がいる今は見やすい。
民放では、アンパンマンですらめちゃめちゃ暴力的のように見える。
毎回ぼこぼこにして終わりだから、子供も私を殴るようになってしまった。

曇っている大安の早朝に足を伸ばして

「間違いなくこうで間違いない!」など、自身の価値観だけで周りを裁くのは悪くはないと思う。
とは言っても、世間には事情と言われるものが人間の周りにまとわりついてくる。
これらを知ると自信を手に入れるのは必要だけど、強く反論するのは良い事ではないのかも?と思う。
当然、これも私の考えでしかないけれど。
暮らしにくい世の中になる可能性のあるかもしれない。

気持ち良さそうに自転車をこぐ友人と飛行機雲
知佳ちゃんが、自分の部屋のベランダで、トマトを育てている。
実がなったらトマトソースを作るらしい。
育てているとは言うものの、マメに水分を与えないし、すぐそばでたばこを吸うので、トマトの環境は全然良くない。
丸一日水も肥料もあげてないと言う時期の、トマトの様子は、葉っぱが垂れ下がっていて、なんとなくガッカリしている姿に見える。
申し訳ない気分になったので、水と肥料をたっぷりあげると、翌日の朝には何事もなかったように復活していた。

ゆったりと走るあなたと擦り切れたミサンガ

某有名芸能人がびっくりするほど突然引退するので、テレビでうんざりするほどやっているが、めっちゃすごいなと思う。
次々と変わる日本の首相がどなたに決定するかという内容より報道では順序が速かった。
どの人が首相になろうが変わらないって思う人もめちゃめちゃ存在するし、それよりはMCで有名な人が芸能界をいきなり引退というほうが影響がでるということですかね。

一生懸命お喋りするあの子と電子レンジ
個々で、嗜好や好みがあると思うが、どんなものか聞いてみるのが好き。
仲のいい子に聞いてみたところ、お金、良い生地のランジェリーお母さんのことが好きで仕方ないとの事。
その上、男性の血管の見える手の甲。
それにスペイン語の巻き舌。
自分にはわからない。
りんごあめ、肌に直接薄手のニット、女っぽい香水、声のかすれた若い人が好きだと、言ってみた。
もちろん分からないとの事だった。
まさにこれは、フェチという言葉がぴったりだという。

一生懸命泳ぐ彼と電子レンジ

辺ぴなところに住んでいると、ネットでものが手軽に購入できるようになったのが、非常に便利だ。
それは、駐車場がある本屋が市内に2軒だけしかなくて、品ぞろえもひどいから、購入したい小説も手に入らないからだ。
取り寄せるよりインターネットで買う方がお手軽だ。
だって、本屋に行くのに車で30分かかるからものすごくめんどうだ。
ネットに慣れたら、本以外もネットで買うようになった。
他のものもインターネットで購入するようになった。
家電は、ネットのほうが絶対に安価だし、型番商品は絶対にネット購入だ。
しかし、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

怒ってダンスする家族と擦り切れたミサンガ
中洲のキャバの女性を見ていると、プロ意識が高いなと思う。
というのは、磨き上げたルックス、トーク術、そのための努力。
お客に完璧に勘違いをさせないで、ビジネスだと思わせつつ、また店に来てもらう。
そして、もしかしてコイツ、自分に本気かもしれないと気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どんな仕事よりも難しそうだ。
それよりも、私は売れっ子のホステスの収入が凄く聞いてみたい。


フレーム下 class=

カテゴリ


Copyright (C) 2015 犬は走り猫は座り君は微笑む All Rights Reserved.

ページの先頭へ