犬は走り猫は座り君は微笑む

雑誌とかのアンケートなどで、「たい焼き」について尋ねられたとしたら、アナタはなんと返答する?「ハンバーグ」って、人それぞれで受け止め方が千差万別なのかもね。
フレーム上

無我夢中で口笛を吹く彼女と読みかけの本

最近、小説をほとんど読まなくなった。
20歳の時は、毎日読んでいたけれど、ここ何年か、仕事が忙しいし、時間をつくりにくい。
もし時間があっても、ゆったりと小説をじっくり読むという気持ちになかなかなりにくいので、読んでいてもおもしろく感じにくい。
しかし、ものすごく楽しめる小説に久しぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がすごく好きだから、二人が新人賞をとった群像文学新人賞が私の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
しかし、次の輝いている新人がいないかと気になるからまた読んでみたい。
ただ、純文学なのだからと無理に難しい言葉を並べているけれど中身が伝わりにくいものも多いから残念だ。

具合悪そうに跳ねる友達とファミレス
友人のアパートのベランダにて育てているミニトマトは、気の毒なミニトマトかもしれない。
ぎりぎりまで水分をあげなかったり、ワクワクしながらアイスティーをあげてみたり、コンソメスープをあげたり。
ほろ酔いの私たちに、日本酒を飲まされた時もあり。
トマトの親である友人は、こんど絶対トマトジュースを飲ませたいらしい。
興味津々でトマトの意思は完璧に無視。

夢中で大声を出すあの人とオレ

今年の夏は、海水浴に行っていないが、みんなでたいそう行きたい。
今、子が小さいので、泳がせないで遊ばせる程度だけれども、しかし、必ず喜んでくれると思う。
しかれども、まだ、オムツをはいているゆえに、他の人の事を考えたら海につけないのがいいのではないだろうか。
それ用のオムツもあるが、ニュースでも議論になっているらしいので。

陽の見えない大安の日没は熱燗を
末端冷え性にかかってからは、少々過酷だけれど、やっぱり寒い時期が恋しい。
家の外が乾燥しているからか、引き締まったような香り、加えてこたつの温もり。
寒さの中の陽の光ってリッチな気持ちにしてくれるし、カメラを持って、早朝の海もいい感じ。
季節感を出したかったら、良いカメラもGOODだけれどトイカメラで思いっきり撮りまくる方がお洒落で趣のある写真が見つかる。

どんよりした火曜の早朝は焼酎を

ネットでニュースをよく眺めるけど、紙の媒体を見ることもけっこう好きだった。
現在は、費用がかからないで見れるネットニュースが色々あるので、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなった。
けれど、読み慣れていたからか、新聞のほうが短い時間で多くの情報を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深い内容まで見やすい点はある。
一般的なニュースからつながりのある深いところを調べやすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞はちょっとした場所に小さくても記載しているので目につくけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカ合衆国の債務不履行になってしまうかもというニュースが目につく。
デフォルトになるわけないと思うけれど、もしデフォルトになったら、日本もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

汗をたらして吠える子供と突風
元ブラビのビビアン・スーは、美人で秀才で才能ある人だ。
年が30代終わりなんて、見えない。
昔の話だけれど、印象に残っているのが、英語勉強中のビビアンが英語のみのインタビューに返答していた部分。
まだまだ勉強中らしかったけど、非常に熱心だった。
今では英語だけでなく日本語だって、しっかりペラペラなんだろうなーと思う。
ビビアン・スーの魅力は計り知れないくらいである。

雹が降った大安の深夜にゆっくりと

いつも、部屋で個人で出来るような業務をして、稀にお声があるとプロジェクトでの仕事に参加する。
そのたまにが、めちゃくちゃ面倒くさく感じて仕方ない。
この際引き受けるの辞めてしまおうとか。
一日が始まれば張り切るけど、多くの社員にはさまれて、チームで業務をするのは大変だ。
本気で親に持ちかけると、言いたいことは分からなくない、と豪快に笑っていた。

凍えそうな水曜の夜明けに微笑んで
誕生日プレゼントに親友から貰った香水があり、かなり強いフローラルの香り。
ぴったりな香りを意識してチョイスしてくれた物で、ちっちゃい瓶でリボンの飾りがついていてお洒落だ。
匂いも飾りも大げさに言っても華やかとはかけ離れた香りだ。
香水ショップにはたくさんの商品が並べられていたのだけど、目立たない場所に置いてあった商品。
容量は本当に小型。
シンプルでお気に入り。
出かける時だけでなく、仕事のときも手提げに、家での仕事のときも机の隅に置いている。
そのことから、カバンは、どれも同じ匂い。
だいたい身に着けているため、つけていないときは、「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまに。
ショップで多くの香りを試してみるのは好きなことだけど、この香りが今までの中で最高に気に入っている香りだ。

じめじめした金曜の夕暮れは微笑んで

時は金なりというのは、凄い格言で、だらだらしていると、本当にすぐ時間が無くなる。
もっともっと素早く勉強も締め切り前の報告書も終われば、これ以外の事の方に時を回すのに。
部屋の整理をしたり、長風呂したり、料理にはまったり、週刊誌を読んだり。
とのことで、この頃は、しゃきしゃきこなそうと心がけているが、いつまで出来るのか。

前のめりで踊るあの子と観光地
割と大きなマーケットで買い出しをしていた。
冷凍食品のcornerチャーハンをさがしていた。
いろいろ探していたら、韓国文字で記載されている商品を探し出した。
良く見ると、韓国屋台の定番、トッポギだった。
先月韓国へ遊びに行ったときに、何度も韓国を旅している先輩にごり押しされたのがトッポギ。
海を越えた日本で冷食として、韓国のトッポギが買えるなんて、純粋に驚いた。


フレーム下 class=

カテゴリ


Copyright (C) 2015 犬は走り猫は座り君は微笑む All Rights Reserved.

ページの先頭へ